[US] “Have Yourself A Merry Little Christmas” Luther Vandross とクリスマスに習合した北方民俗

2017-12-25

スポンサーリンク

ルーサー・ヴァンドロス

亡くなってしまったが、とても歌のうまい人だった。性格のよさが物腰の一つ一つに滲み出ているような人でもあった。

フィーチャー曲:”Have Yourself A Merry Little Christmas”

この曲の数多くあるバージョンのなかで個人的ベストはこの録音。原曲は映画『若草の頃』(Meet Me in St. Louis)のクライマックスで静かに歌われる挿入歌。以下、wiki記事の引用。

“Have Yourself a Merry Little Christmas”, a song written by Hugh Martin and Ralph Blane, was introduced by Judy Garland in the 1944 MGM musical Meet Me in St. Louis. Frank Sinatra later recorded a version with modified lyrics. In 2007, ASCAP ranked “Have Yourself a Merry Little Christmas” the third most performed Christmas song, during the preceding five years, that had been written by ASCAP members. In 2004 it finished at No. 76 in AFI’s 100 Years…100 Songs rankings of the top tunes in American cinema.

ルーサー・ヴァンドロス公式サイト

2012年の新編集版クリスマス・アルバム。_

2006年発売のベスト・アルバム。
_

歌詞

Have yourself a merry little Christmas
Let your heart be light
From now on your troubles will be out of sight

Have yourself a merry little Christmas
Make the Yuletide gay
From now on your troubles will be miles away

Here we are as in olden days
Happy golden days of yore
Faithful friends who are dear to us
Gather near to us once more

Through the years we all will be together
If the fates allow
Hang a shining star upon the highest place

So have yourself a merry little Christmas
Have yourself a merry little Christmas
So have yourself a merry little Christmas


この歌詞、最後に近い部分の

Through the years we all will be together
If the fates allow
Hang a shining star upon the highest place

が改作されているらしい。フランク・シナトラが作詞したヒュー・マーティンに電話してきて、明るい雰囲気のクリスマス・アルバムにしたいから、歌詞を元気の出る雰囲気に変えてくれないかと依頼した。天下のシナトラのリクエストを断るわけにもいかず、マーティンは買い替えに応じた。オリジナルの歌詞は以下のようなものだ。

Someday soon, we all will be together.
If the fates allow.
Until then, we’ll have to muddle through, somehow.

改作した歌詞は「ずっと一緒にいれるね、運命が許すなら。クリスマスツリーの一番高い枝にきらきら星を飾りましょう」といささか能天気な歌詞になっている。オリジナルは「もうすぐ一緒になれるね、運命が許すなら。それまでは何とかやっていきましょう」と現状の暗さを切り抜けようという希望の歌詞だったわけだ。こういう改作はコマーシャリズムの浸透したアメリカではよくある話だ。

Yuletideの意味

せっかくなので歌詞に出てくる “Make the Yuletide gay” の意味について勉強しよう。

Yuletideとは北欧の冬至祭の期間を指すイギリス英語だ。この場合のtideは潮の満ち引きではなく期間を指す(語源はゲルマン祖語のtidiz=division of time )。christmastideといえばchristmas seasonのことだ。本来の宗教的意味では、イブ明けの夜明けから1月5日までの12日間の祝祭期間を指す。

ユールタイドは特にアメリカ人には古めかしく響くことばだろう。だから、その後のヴァースでは “Happy golden days of yore” として、わざと yesterday の古語である yore が使われている。golden days そのものも yesterdays を含意するので二重の強調になっていて、現在の境遇が相当に不本意であることを際立たせる。

クリスマスはミトラ教やローマのサートゥルナーリア祭といった冬至に関わる祭礼に起源があるとされる。それがキリスト教とともにゲルマン民族へ伝播していったとき、彼ら北方の習俗が混淆したのである。

ユール(wiki)

スカンディナヴィアのキリスト教化(wiki)

キリスト教のゲルマン化?

ゲルマン民族とキリスト教の関係についてはいずれ詳しく考察したいと思うが、ローマ発の全欧州を巻き込んだキリスト教化(christianization)はおおよそ7~15世紀の長い期間に及んでいる。wiki英語版の項目を見ただけでも目のくらみそうな入り組みようだ。

出典:世界の歴史まっぷ

なかでもとりわけ重要なのは、フン族流入のあおりで4世紀頃始まったゲルマン民族大移動(Germanic mitigation)による大規模な住み替えだ。先住のケルト民族がゲルマン系に駆逐されてスコットランド、ウェールズ、アイルランドなどに引っ込む。大陸中央部にはフランク王国(Frankish Empire)が興亡し、西ローマ帝国を滅ぼすまでに強大化する。その歴史を経てようやく中世の11世紀頃になって北欧諸国(スカンジナビア)までキリスト教化(改宗)の波が行き渡るのである。

当然ながらゲルマン諸民族には独自の宗教があり、その抵抗力が根強かったがゆえに、数百年単位の混淆期→変成期という過程が必要だったのだろう。混淆(syncretism)と一口にいっても、生い立ちも発展経路も違う2つの宗教思想が水とウイスキーのように見事に混ざり合う(ブレンドされる)わけではない。しばらく並行しつつ、お互い反発しつつも影響し合い、最終的にキリスト教はゲルマン的変容を受けたと考えるのが妥当だろう。

そもそもローマ教会は深謀遠慮の使い手で、王や首長など上層階級の懐柔から始めたというから、民衆レベルではその威圧性、強制性への抵抗が強かった可能性は高い。サンタが橇(そり)に乗って、クリスマスツリーが北方の樅ノ木に、というような図はわかりやすいとしても、それは表面上の話で、もっと思想に関わる面でゲルマン化の影響が及んだはずであり、いつかその辺の記事を書いてみたい。

北欧神話などのゲルマン神話

古い伝承は詩のかたちで残されていてゲルマン民族の研究にとって基礎資料になっているという。特にアイスランドで発見された古エッダ(Elder Edda/Poetic Edda)、新エッダ(Younger Edda/Prose Edda)が有名。いずれも古ノルド語(Old Norse)で記されている。古エッダの冒頭に置かれている巫女の予言(アイスランド語でVöluspá)は特に有名。

『巫女の予言』(みこのよげん、古ノルド語: Vǫluspá、Vǫlspá、Vǫlospá、ヴォルスパー、アイスランド語: Völuspá、ヴェルスパー)とは、『古エッダ』の最初に置かれている、エッダ詩の中でも最もよく知られた一節である。

ヴォルヴァ(巫女、と訳される)がオーディンに語りかけるという形で、世界の創造から終末の到来、世界の再生までを語る。北欧神話を研究する上で最も重要な資料の一つとみなされている。

19世紀のデンマーク画家ローレンツ・フローリク(Lorenz Frølich)が描いた巫女ヴォルヴァ(Völva)、主神オーディン(Odin)、神獣スレイプニル(Sleipnir)、妖精ヘルハウンド(Helhound )

 

(Visited 111 times, 1 visits today)

スポンサーリンク